止まらない育児のイライラや無駄な怒りに振り回されない考え方ご紹介

止まらない育児のイライラや無駄な怒りに振り回されない考え方ご紹介 子育て

こんにちは。

えでんです。

 

以前、育児で怒りたくないのに怒ってしまう。。

そんな時は、アンガーマネジメントの6秒ルールを取り入れる方法ご紹介しました。

 

今回は、「それでもイライラが止まらない。。」「無駄だとわかってても怒ってしまう。。」そんな怒りに振り回されない考え方をご紹介します。
この記事で、以下のことがわかります。

 

後悔しない怒り方をするための考え方
つい、怒ってしまいたくなる時の考え方
イライラしない癖の付け方

それでは、順を追ってお話ししますね。

 

スポンサードサーチ

後悔しない怒り方をするためには

後悔しない怒り方をするためには

どうしても許せない場合

自分の中にある「○○すべき」という思い込みを正しく理解して、許せる範囲を広げられるようになるとイライラが少なくなります。

怒りによる衝動的な行動や自分自身を責めたくなる気持ちや自己嫌悪が減り、気持ちが楽になるでしょう。

この「○○すべき」については、こちらの記事で紹介しています。

 

ここで、考え方に気を付けてほしいのですが、

「怒らないようになる=子供の行動をなんでも許して、怒らずに育てる。」ではないこと。

えでん
えでん

子供が絶対に許せないことをしているのであれば、それは育児において怒る必要があることです。

ただし、

その怒る必要があることについて、怒ったところで子供の行動や子供の起こす事象が変えられるものか、変えられないものか

自分の力で状況を変えられるのか変えられないのか、行動のコントロールができるようになることが大切なんです。

 

本当に解決したいことを考えよう

子供に怒る前に、怒ることと、怒らなくてもよいことを区別しましょう。

まず、自分のイライラが「怒る意味があることなのか」をチェックする必要があります。

チェック項目は次の2つ。

 

〇自分で状況を変えられるのか、変えられないのか
〇重要なことなのか、そこまでないのか

 

例えば、

子供の夜泣きがひどい

夜泣きは、どんなことをしても泣き止まない時は泣き止まないものです。

夜泣き自体は重要なことですが、どうやっても自分で状況を変えられない事象でしょう。

どうやっても変えられないことは現状を受け入れて、過剰な怒りに振り回されないように気を付けてくださいね。

子供がおもちゃを片付けない

子供がおもちゃを片付けないことは、重要なことですし、自分の言葉使いや身振り手振りなどの伝え方次第で子供はおもちゃを片付けてくれるようになりそうですよね。

つまり、状況を変えられることになります。

自転車に乗ることができない

自転車に乗れなくても、正直生活に支障はありませんし、絶対に乗れるようにならなきゃいけないものでもありません。

しかし、乗れることでいろんな場所へ遊びに行けることを伝えたり、一緒に乗る練習をしたりすることでこの問題は解決できますよね。

こんな場合は、余裕のある時に取り組みましょう。

ママ友の噂話

これは、変えられないし、噂話の内容次第でもありますが、重要でない内容であれば気にせず放っておきましょう。

 

えでん
えでん

こんな風に、4つのカテゴリに分けると、自分のイライラには怒っても解決できないことがあることがわかりますね。

イライラの3/4はなくすことができる

怒ることで状況が変えられるなら、怒る意味はあります。

しかし、どうやったって変えられないことに怒っても意味がありません。

 

今日は雨だからとイライラしても天気は晴れてくれませんよね。

このように、自分で状況を変えられないことに怒るのは時間とエネルギーの無駄遣いです。

特に時間は、どんな人でも平等に24時間しかありません。

もっと別の有意義な時間にしていきましょう。

 

また、状況を変えられることであっても重要度の低いカテゴリに当てはまるのであれば、その場で怒るのではなく、長い目で少しずつ変えようとする意識で子供に向き合うと良いですよ。

 

先ほどの自転車の問題も、

一緒に練習すればいずれ乗れるようになるでしょう。

乗りたがらなくても自転車に乗ることで、どんな楽しいことができるのかが伝われば興味を持って乗るようになるかもしれません。

えでん
えでん

このように、一つ一つ当てはめていくと、イライラの3/4は、実はイライラする必要のない無駄な怒りであることに気付けるのではないでしょうか。

怒り方のルールを決めよう

それでは重要度が高く、状況を変えられることについてどのように解決するか、を考えましょう。

この場合は、

「いつまでに」
「どうやって」
「どのくらい」

変わったらいいかを決めることが大切です。

 

育児において、子供に何度言っても変わらないことで、ずっとイライラしていませんか?

 

この理由は、どの程度変わったら許せるのか許容範囲を決めてないからです。

 

目標に対して、基準となる許容範囲を決めるときは、いきなり100点満点の完璧を求めないようにすることが大事です。

高過ぎる目標を立ててしまうと、その目標を達成できないことがイライラの原因になってしまうので気を付けましょう。

 

また、子供のために怒る以上、子供に良い影響を与えるものでなければいけません。

子供は親をよく見ています。

親の良いところも悪いところも真似て育つんです。

自分の怒り方が子供の悪い癖として身に付かないように、次の3つは必ず守りましょう!

子供を傷つけない

叩く、殴る、蹴るなどの暴力は当然NG。

それだけでなく、「産むんじゃなかった」「ほんとダメな子。。」「まともにできることもないのね」など人格否定、人権侵害など言葉の暴力も絶対しないようにしましょう。

自分を傷つけない

「全部自分が悪いんだ。。」「母親(父親)失格」など、思いつめたり、自分自身を責めすぎたりしないようにしましょう。

物を壊さない

物に八つ当たりしても気分が良いのはその時だけで、問題の解決にはなりません。

さらに、物に当たる行為はエスカレートしていき、やがて人に当たるようになるのでやめましょう。

 

つい、育児で怒ってしまいたくなるとき

つい、怒ってしまいたくなる

理想をイメージして乗り切ろう

ママやパパも人間なので、機嫌が良いときもあれば、機嫌が悪いときもあります。

機嫌が良いときは気にならないことも、機嫌が悪いときはつい怒ってしまう。。。

そんな経験はありませんか?

 

こんな日は、機嫌の良い日の自分を思い浮かべて、その時の表情やしぐさをわざと行うようにしましょう。

また、自分が理想とする人物を思い浮かべて、その人と同じように行動してみても良いですよ。

この方法は、アンガーマネジメントの「プレイロール」という考え方で、他人の良いところを観察して、真似てみることで怒り方の対処法を身に着けることができます。

応じ方が変われば、子供も変わる

子供は親をよく見ています。

特に表情から多くの感情を読み取っており、不機嫌そうな姿を見たら、子供自身も不機嫌になったり、イライラしたりするんですよ。

これは、喜怒哀楽の感情は伝染する性質があるからです。

自分の中にイライラする気持ちがあっても、表情や子供への伝え方を変えてみるなど、少しだけ行動を変えるだけで全く違う結果になるでしょう。

えでん
えでん

プレイロールは、あらかじめ理想とするイメージをリストアップしておくとやりやすいですよ。

プレイロールのコツは、自分に再現可能な範囲の理想のイメージにすることです。

自分とはかけ離れた理想を再現するのは難しく、子供にも伝わりにくくなってしまいます。

 

スポンサードサーチ

イライラしない癖をつけるためには

イライラしない癖

変化のステップを書き出そう

怒ることと怒らないことの境界線が決まり、後悔しない怒り方もできるようになると育児のイライラは一気になくなっていきます。

この行動のコントロールを具体的に行うためには具体的な変化のステップを書いて行動に変化を促しましょう。

「いつまでに」「どんな目標を」「どこまで達成するのか」を決めてノートに書き出します。

自分のなりたいイメージを客観視することで見える化して、今まで漠然としていた目標までの道のりがはっきりしてきますよ。

小さな目標からコツコツと

変化のステップは小さな目標からスタートすることが重要です。

いきなり大きな目標を立てると、その目標を立てたことや目標を達成したときの自分自身を想像して満足してしまい、結局達成できずに挫折してしまうことが多くなります。

そのため、小さな目標から緩やかに最終目標に近づくイメージを持つことが大事なんですよ。

 

例えば、「育児でイライラしない」のが目標であれば、「衝動的な怒りを鎮められるようになる」「できないことに注目するのではなく、できたことに注目する」など、

さらに、その一つ一つにどうやったら実現できるのか、具体的な方法も書くようにしておくと、実践しやすいですね。

 

イライラしたくない。

いつもニコニコしていたい。

そう思ってもなかなかできないのが育児です。

 

自分を責めず、慌てず、マイペースでステップアップしていきましょう。

 

イライラが減れば、気持ちに余裕が生まれ、子供を受け入れやすくなります。

結果として、子供も認められた感が高まり、親子そろって自己肯定感があがり充実した生活が送れるようになるんですよ。

まとめ

まとめ

怒りに振り回されないためには、「自分で状況を変えられるのか、変えられないのか」考えよう。状況が変えられないことに怒っても時間とエネルギーの無駄になる。
状況を変えられることには「いつまでに」「どうやって」「どのくらい」変わってほしいかを決めて行動する。
怒るときは、「子供を傷つけない」「自分を傷つけない」「物に当たらない」を絶対に守る。

 

スポンサードサーチ

最後に

最後に

いかがでしょうか。

育児でのイライラが止まらない。。

そんな悩みを持っている方は多いものです。

だからこそ、育児ノイローゼなどがあるわけですが、そんな悩みを持っている方のイライラの解決に繋がればと思います。

この記事で紹介している考え方は、アンガーマネジメントという心理学を応用した考え方です。

怒らない子育てについてはこちらのマンガ形式の本がわかりやすくおすすめなので、気になる方は読んでみてくださいね。

 

 

それでは、バツイチのえでんでした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました