【怒りの見える化】スケールテクニックを使った子育てのイライラ対処法

スケールテクニックで怒りの数値化 子育て

こんにちは。

バツイチのえでんです。

 

以前、子育てでお子さんにイライラしてしまったときは、6秒ルールで乗り越えよう!

という、お話をさせていただきました。

それが、こちらの記事。

子育てで怒りたくないのに怒ってしまうときは6秒ルールがおすすめな理由
こんにちは。 バツイチのえでんです。 子育てにイライラしてして、毎日なにかしら怒ってはいませんか? 夫婦そろって、子育てをしていてもイライラはするもの。 特に、シングルマザーやシングルファザーの方は、お仕事に...

 

子供との言い争いや言動を6秒ルールで、自分の怒りをコントロールできるようになっても、

子供は怒っている。。

そんな時に、

「ママ、嫌い、あっち行って」

「パパなんて大嫌い!」

 

そんなこと言われたら、

せっかくコントロールし始めてた怒りが、爆発。。。。

 

子供の言うことなんて聞き流せばいい。

こっちは大人なんだから。。

わかってても、その時の気分や状況によっては、つい言い返してしまう。。。

そして、仲直りがしにくい状態になって後悔した経験ありませんか?

 

今回は、そんな悩みを持つ、シングルママやシングルパパにおすすめのスケールテクニックという方法をご紹介したいと思います。

 

この記事を読むことで以下のことがわかります。

 

アンガーマネジメントのスケールテクニックについて
怒りの「見える化」によるメリット

 

スポンサードサーチ

スケールテクニックとは

スケールテクニック

スケールテクニックとは、1970年代にアメリカで開発された心理トレーニング「アンガーマネジメント」のテクニックの一つです。

自分の怒りに点数を付けることで、客観的に自分自身を見られるようになるようなるテクニックなんですよ。

 

その方法は、

まず、「カチン」ときたら、“温度計”を思い浮かべましょう。

温度計の数値が0~10まであるとして、

子供から、「ママ嫌い!」と言われたことはどれくらいの大きさになりますか?

 

実は、怒りの感情には幅があります。

「怒っていない穏やかな状態」か、「怒っている状態」だけではなく、

この「怒っている状態」にも、「おこだよ」「マジおこ」「激おこぷんぷん丸」「げきオコスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」などいろいろあるわけです。

 

えでん
えでん

ちょっと例えが古いかもです(笑)

ところで、最後のぷんぷんドリームって何ですか??

 

いろいろな状況を思い浮かべながら、温度計の数値に置き換えて、「あの時のイライラに比べて大きいか、小さいか」と比較してみましょう。
ここで、大事なポイントですが、

 

この怒りの数値は「その出来事」だけで評価しましょう。

 

例えば、

子供が遊んだおもちゃを片付けない。

そんな時に、昨日もおとといもその前も片付けていない!

と、以前のことを蒸し返したり、

子供が野菜を食べない。など、

他のイライラを組み合わせたりしないようにしましょう。

 

えでん
えでん

パパよりもママの方が過去の出来事をよく覚えていますので、つい蒸し返してしまい、この怒りの数値化がブレてしまうことが多いので気を付けてくださいね。

自分自身がどのような状況でどのくらいイライラしてしまうのか傾向がわかると、似たような状況に遭遇しそうな時は、避けたり、事前に対策したりと対応できるようになります。

 

「6以上のイライラには注意しよう」「1~2のおこだよぐらいなら、やり過ごせるな」など、冷静に考えられるようになったら、怒りによる衝動がコントロールできるようになった証拠です。

 

「怒りの見える化」によるメリット

メリット

スケールテクニックによる「怒りの見える化」のメリットは以下の通りです。

 

対処法をあらかじめ決めておくことができる

「1~3の軽い怒りぐらいならやり過ごせる」

「4~6の怒りは表情に出るから注意しなきゃ」

「7~9の強い怒りは抑えられそうにないから、場所を移して深呼吸しよう。クールダウンしよう。」

「10の人生最大の怒りは、手が出るかもしれない。それは絶対にダメだから、急いでその場所から離れよう」

など、

いろんな状況の怒りの数値化のイメージと同時に対処を決めておくことで、似た場面になった時に冷静に対処ができます。

失敗を防いでくれる

カチンときたら間髪入れずに怒鳴ってしまうママやパパは「何点だろう?」と、一瞬でも考えるだけで怒りをクールダウンすることができます。

怒りに振り回されて、売り言葉に買い言葉の不適切な発言や、表情や態度に出てしまうなどの取り返しのつかない失敗を防ぐことができるでしょう。

他人に伝えやすくなる

例えば、「今日は暑い」より「今日は38℃越で暑い」と話したほうが、暑さのイメージが想像しやすいですよね。

これと同じで、「怒りの見える化」には、大きさのイメージを親子で共有できると、「その数値を下げるにはどうしたらいい?」と、感情に振り回されない話し合いができるようになります。

 

子供と「怒りの見える化」の数値を共有することで、「ママのことどのくらい怒っている?」という質問に「6!」など、返事があればしめたもの。

「なるほど、そんなに怒っているのか。」

「どうしたらその数字は下がるの?」

と、解決の糸口になるからです。

えでん
えでん

そう思うと、ゲーム感覚で面白いかもしれませんね。

しかし、

物に当たる、投げる、人を傷つけるなど、いけないことには、しっかりと叱ってあげましょう。

 

スポンサードサーチ

まとめ

まとめ

スケールテクニックとは、アンガーマネジメントのテクニックの一つで、自分自身の怒りの幅を知るために、怒りを見える化することです。
怒りの見える化によって、対処法をあらかじめ決めておくことができ、正しく伝えることによって失敗を防ぐことができるメリットがあります。

 

最後に

最後に

いかがでしたでしょうか?

スケールテクニックによる「怒りの見える化」のお話をさせていただきました。

 

見える化というと、会社での効率化の推進でよく聞く言葉なので、ひょっとしたら聞きなじみのある方も多かったかもしれません。

見える化は、すべてのことに応用可能ですので、ぜひ活用してみてくださいね。

 

 

 

子育てで、子供にイライラして言ってはいけない言葉を言ってしまった。。

そんな自分に自己嫌悪して子育てにつかれてしまうママやパパも多いのではないでしょうか。

特に、シングルママやシングルパパは仕事に子育てに、すべてがワンオペです。

体力的にも、精神的にも辛いのは当たり前。

少しでも大事な子供との生活が楽しくなる助けになれればと思います。

ちなみに、「怒りの見える化」は、数値に置き換える以外にも、言葉で書きだす、絵を描くなども効果的なので、自分に合った方法で試してみましょう。

アンガーマネジメントについては、こちらもおすすめです。

 

 

それでは、バツイチのえでんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました